HOME >> 松井丈のコラム >> ホントにやっていいの?その練習?その4

ホントにやっていいの?その練習?その4

 

 んにちは、ツーサムゴルフスタジオ ヘッドコーチの松井丈です。

 

今回は、今まで絶対に聞いたことがある良く聞くレッスンワードの中から、これは誤解であり、誤認識で、単純に錯覚しているだけで、それを真似すると症状が悪化、もしくは上達を妨げてしまう危険なレッスンワードを紹介します。ものすごくたくさんありますが、特に勘違いするとヤバイやつを紹介したいと思います。

 

最初は、皆さんが信じて疑わないであろう、このワードから行きたいと思います。

 

 

『ボディーターンで打って、手打ちはダメ!』です!

 

これは、本当に危険です!第2章でも書きましたが、ボディーターンは背骨を軸とした回転運動のことで、実は回転速度は大した問題ではないのです。イメージとしては、体の回転速度が上がればヘッドスピードも上がりそうなもんですが、そんなに速くもなりません。

 

手打ちはダメ?実際クラブを持っているのは手なわけで、腕は体にくっ付いています。よって腕でクラブを振っても体は回転するんですよね。しかしボディーターンが強くて、腕の振りを弱くしてしまうと手元が遅れすぎてしまい、インパクトで体の開きが強くなりフェイスが開く原因になるわけです。

 

 手打ちだからスライスするんだ!もっとボディーターンで打たないとスライスが治らないぞ!』

 

なんて昔は良く聞きましたが、これは間違いなくスライスを増長させます。

 

正しい動きと形を理解していれば、これは完全に間違いなんですよね。

 

左腕リードで打て!なんてことを聞いたことはありますよね?これは腕を使うってことですよね?では左腕片腕でスイングしてボールが打てますか?上手に打てる方は少ないんじゃないですか?両手なら打てるのにね。両手の時は右腕を使っているから打てるんです。右腕は使うなって言われているのに。でも正しくクラブが動かない。それはやはり正しい腕の動きが理解できていないからですね。

 

腕の動きは、正しいクラブの動きを作る上で必要不可欠な訳です。正しい腕の動きを理解していない初心者に『手打ちはダメでボディーターンで打て』と言うアドバイスは非常に危険なのです。

 

初心者じゃなくてもそうやってスイングを覚えてきたアベレージゴルファーも正しい腕の動きが出来ていないのですから、正しい腕の動きに改善する必要があります。

 

私が思う"手打ち"は、制御できていない腕の動きでボールを打つこと!です。ですから、やはり手打ちでボールを打つことが正しいこととは思いません。正しい腕の動きを覚えたら、その意識を徐々に減らして行き、無意識でも正しい腕の動きが出来るように練習して行くことが大切なのです。そして腕とボディーターンのコーディネーションでスイングし、ショットすることが理想なのです。

 


練習ではドリルや素振りをたくさん行い、正しく腕の動きが出来ているかを常に確認して正しい腕の動きをメモリーしてください。

 

正しい腕の動かし方を覚えたい方はぜひ、ツーサムゴルフスタジオへ!

 

今日はこのへんで!

 

んじゃ!

(2015/07/04)
松井丈のコラム一覧へ
メンバーログイン