HOME >> 松井丈のコラム >> ホントにやっていいの?その練習?その3

ホントにやっていいの?その練習?その3

こんにちは、ツーサムゴルフスタジオ ヘッドコーチの松井丈です。

今回で3回目のコラムですが、このコラムで今まで言われてきた危険なレッスンワードを細かく解説していきたいと思っています。

ですが、今回はフェイスの向きの重要性について詳しく解説していきたいと思います。

フェイスの向きは、スイング軸、スイングプレーンと同じく絶対に外せない3大ゴルフ理論の1つです。

スイングプレーンが崩れず、綺麗なスイングプレーンを描けたとしても、インパクトのフェイスの向きが悪かったらボールは絶対にターゲットに飛びません。逆にインパクトの時のフェイスが適正であれば、スイングプレーンやスイング軌道がどうであれボールはターゲットに飛びます。

もちろん、プレーンや軌道が悪いことでダフリやすかったり、打出角度やスピン量やミート率は不安定になりますので、飛距離は不安定になります。ですので、安定したスイング軸と綺麗なスイングプレーンを作り、そのスイングプレーンに対してスクエアフェイスを作っていくことで簡単に当たっちゃうゴルフスイングを作る第一歩になります。


質問です。スイング中のフェイスの開き閉じとはどういったものでしょうか?


では、アドレスの状態でシャフト軸に対してクラブを捻ってみてください。

クローズ.JPG
ストレート.JPG
オープン.JPG

どうですか?これがフェイスの開閉です。


ご覧の通りクラブを捻るという動きがフェイスの開閉になる訳ですから、この動きが入らないでスイングが出来たら限りなくスクエアフェイスが作れるわけでボールは曲がらないはずですよね?

ですので、このシャフトを捻るという動作を理解することと、逆にねじらないようにクラブを振る方法を理解することでショットの精度は格段に確実にアップするのです。




さらに質問です。皆さんはスイングプレーンに対してスクエアフェイスとはどういったもので、どのポジションの時にどの向きがスクエアフェイスなのか理解していますか?例えばトップの時のフェイスがどっちに向いているのがスクエアか判りますか?

それでは、ダウンスイングが始まった直後だったら?

グリップが腰の高さに来た時のヘッドのポジションとフェイスの向きは?

インパクト直前のフェイスの向きは?

インパクトの手首の形とハンドポジションとウェートポジションそしてフェイスの向きがイメージできていますか?

クラブを捻らないフォロースルーってどんな形だと思いますか?


これらを全て理解してスイングしている方がどれくらいいらっしゃいますか?スイング中のフェイス面の管理がキッチリ出来ていることが良いショットを打つために最重要なポイントになります。



しかしながらアマチュアゴルファーの殆どの方が、体の動きばかり気にしていて、クラブの動きとフェイスの向きを気にしていません。ボールを打つのはクラブです!体ではありません。クラブの中でも握っているグリップで打つのではなくフェイスでボールを打つのですから、クラブの先端部の動きをどう動かすのかがポイントになるわけです。


と言うことで、ボディーターンとか股関節の入れ方とか踏み込みとか、とりあえず体のことは一切気にしないで、このヘッドの動き、フェイスの向きを意識してスイングを作ってください。

最も効果的な練習方法は、太極拳スイングです。1分間かけてゆっくり1スイングしてください。自分の体もクラブもフェイスもどのように動かすべきなのかを理解できます。そして、何よりフェイスの向きを確認することができます。少なくともインパクトポジションとインパクトのフェイスの向きが間違っていたら気づくはずです。出来ればテークバック、トップ、ハーフウェイダウン、インパクト、フォロースルーのフェイスの向きを確認しながら練習してみてください。



詳しい解説を聞きたい方はツーサムゴルフスタジオへ!

今日はこのへんで!

んじゃ!



(2015/07/03)
松井丈のコラム一覧へ
メンバーログイン