HOME >> 松井丈のコラム >> ホントにやっていいの?その練習?

ホントにやっていいの?その練習?

ツーサムゴルフスタジオ・ヘッドコーチの松井 丈です。


今まで言われてきたゴルフレッスンのレッスンワードが本当に正しいのか?

それを検証するためのこのコラムを書き始めます。


ちまたで言われているゴルフ理論を否定してしまう表現になってしまいますが、特定な症状の方には当てはまるレッスンワードも、やってはいけない方もいるのです。そんな危険レッスンワードを例にとって連載していきます。


しかし初回は、私のゴルフスイングの考え方を簡単に説明したいと思います。

 

いきなり質問です。

そもそもゴルフとはどんなゲームですか?

と問われたら皆さんはなん答えますか?

 

 

『メンタルなスポーツ』

 

『自分との戦い』

 

『自然との戦い』

 

etc

 

なんて言ったりしませんか?

 

じゃぁ実際は何で勝敗が決まるかと言うと、絶対的に『スコア』なわけです。

 

と言うことは、

 

『打数をいかに少なくするためにどうやってコースを攻めるかを考えるゲーム』

 

と言うことになるはずです。

 

自分の飛距離、曲がる癖、弾道の高さ等を考慮し、コース攻略するわけですが、要は、クラブに球が容易に当たることが前提に作られているゲームなわけです。言い換えれば、ボールを打つ作業は本来大して難しくないはずなんです。と言うよりは、打つことが難しいとそもそもゲームが成立しないのです。

ボールを打つことが難しいとコース攻略を考える余裕がないので、当然スコアが悪くなってしまうわけですね。

 

実際、ボールにしっかりミートできないお客様の多くは、ボールに一生懸命当てに行くスイングをしています。

 

そして球が曲がってしまうお客様のスイングは、当てに行くスイングでたくさん練習し、どうにか当たるようになりますが、今度は一生懸命曲がらないように頑張るスイングになっていきます。

 

きつい言い方になりますが、簡単に当たっちゃって真っ直ぐ飛ばす理論を知らないために、そして一流プロが確実にやっていることを知らないために、難しいことを一生懸命に練習して下手を固めてしまうのです。

 

プロがやっていることをアマチュアがやらない理由が見つかりません。恐らくもちろんやりたいと思っていると思います。でも出来ない。プロだから出来るのであって、アマチュアは無理!と思っていませんか?もちろんプロのような球を打つことは難しいですが、実はプロが当たり前のようにやっているスイングをすることは決して難しいことではありません。

 

では、どうすればよいのでしょう?

それは3つのポイントだけを守って、当たっちゃうゴルフスイングを身に付けてください。

 

1、前傾姿勢を崩さないようにスイングする。

 

2、綺麗なスイングプレーンを作る。

 

3、スクエアフェイスでインパクトする。

 

な~んだ!それだけ?当たり前のことじゃん!と思ったあなた!

 

大正解!

 

でも、この当たり前のことをもし間違って解釈していたり、間違った方法で練習していたとしたらどうでしょ?危険ですよね?実際、ほとんどのアマチュアが間違った解釈で、間違った練習をしているのです。

 

たとえば、前傾姿勢をキープするために下半身リードでボディーターンをする!


実はこれ不正解!

 

オンプレーンでスイングするためにボディーターンでスイングする!

 

これも不正解。

 

飛距離アップのために体重移動する。

 

不正解。

 

スイングアークを大きくする。もしくはスイングアークは楕円。

 

はい、不正解。

 

ダウンスイングは自然落下でタメを作る。

 

もちろん、不正解。

 

こんなワードを雑誌、DVDWEB 等で見たことあるんじゃないですか?

 

ボールを真っ直ぐ遠くに飛ばすために何をすれば良いのか、解からないから何かに頼るわけですけど、これらは本当に酷いワードなのです。

 

スイングはもっとシンプルで、簡単なんです。

 

ボールは止まっていますから、構えたところに戻すことがポイントなのですが、バックスイングしちゃうといろんなワードが邪魔をして戻せなくなるのです。

 

下半身リード、タメ、体重移動、ボディーターン、手打ち、ハンドファーストetc

 

これらのたくさんある危険なレッスンワードの誤解を解くためにこのコラムで解説していきたいと思います。

 

今日はこのへんで!

 

 

んじゃ!

 

(2015/07/01)
松井丈のコラム一覧へ
メンバーログイン